So-net無料ブログ作成

U-TRAINSさん205系の量産車も? [205]

えーと、Webトップページの一番下に、205系のキットの情報が記載されているのですが、初期車キットのため、興味なしと言う事で、スクロールもせずにいました...

  http://www.u-trains.com/

が、よ~くながめてみると
「また、ご要望の多い、量産タイプも遅れて製作いたしますのでご期待ください。」
だそーです。

とりあえず、覚え書き。

アクラスの205系を組む~その28 [205]

下回り、ようやく、ほぼ完成となりました...
aclass-205-98.jpg
aclass-205-99.jpg
疲れた...

残りはM車に取り付ける
aclass-205-100.jpg
ぐらい。

あ、ジャンパーは取り付けていません。
たぶん、連結面は取り付けません。

とりあえず、塗装が剥がれないように、それぞれ薄葉紙に巻いて、箱に収めましたが、この後、電装系のハンダ付けをしないと、下回りの合体が出来ません。
そこまで出来たら、その状態で、一回、テストランかな。

ふぅ。

アクラスの205系を組む~その27 [205]

えーと、ちんたらやってます(^^;

本日の進捗状況
aclass-205-96.jpg
気晴らしに、クーラー塗ってみました...

aclass-205-97.jpg
マスキングめんど~い...
この後、焦げ茶まで塗って、ただいま、もう一度マスキング中。

これ以外にも、台車を塗装組立中。
何とか、明日の午前中には片付きそうです... ほんとか?

アクラスの205系を組む~その26 [205]

何も工作せず、M車調整ではまってます(^^;

慣らし運転しても、音が大きいので、当りが出そうな可動部全てにセラミックグリスを塗布すべく、分解してみました。
aclass-205-95.jpg
この接点に接触してなかった訳ですな...

ということで、事のついでに、DCC対応しちゃう事にしました。
さすれば、問題となった通電端子バネともおさらばです:-)
もち、アナログ対応もさせておきますが。

で、慣らし運転すると、高速域はそれなりに音が小さくなります。
が、低速域は、まあ確かにおとなしくはなるものの、高速域に比べてうるさいです。
まあ、こんな物かと諦めました...
とりあえず、DCC化と平行して、連休中の下回り完成を目指します。

Postscript
東急ハンズ@新宿行ったけど、カプトンテープは扱ってなかった。

アクラスの205系を組む~その25 [205]

GW後半戦突入前日、会社の仕事も、割り込みも会議もなく、事務仕事を全部片付けて、頭使わなきゃいけないことは宿題にして、サクッと引き上げました。
なんせ、明日5/3は1日中雨@東京みたいなので、何とか今日中に片を付けたいことがあったからです。

それは...
aclass-205-93.jpg
こちら
http://www.d-planning.co.jp/
ディーピーさんにお伺いして、例のM車を見てもらう事。

で、動くようになりました:-)
aclass-205-94.jpg
どうやら、赤丸部分が、きちんとモーターに接触していなかった模様です。

聞いたところによると、差し込みではなく、バネ接触ということで、端子がハンダ付けされている基板を外して、バネ角を調整して頂いたようです。

ということで、明日あたりは、ローラーテスターで慣らしですかね。
その間に、他の事、進める事にします。

アクラスの205系を組む~その24 [205]

さて、ようやく、M車の動作確認までこぎ着けました。

そこで、真打ち登場!
aclass-205-90.jpg
の前に(^^; DCCでも使えるように、KATOのフィーダーを加工して、メルクリンのフィーダーに仕立てました。
ニッパーとプライヤーとドライバーだけで、どうにか出来ます。
が、ネジ留めにくい...

で、真打ち!
aclass-205-91.jpg
じゃじゃ~ん。
ローラーテスター!!
まさに、このために存在するようなもんす。
接地面わかりやすくするのに、カメラのEV調整だけでは足りなくて、さらにいじってとばしてます。

台車接地面、拡大の図
aclass-205-92.jpg
こんな感じです。
20m級だと、このロングタイプでギリギリいっぱいって感じなので、新幹線とかだとアウトですな。
手前の線路を取っ払うとかしないと。

でですよ、これで動いてくれれば、有頂天になって、動画でも撮影して公開してた所ですが、うんともすんとも言わず...
しょうがないので、テスターで通電確認しても問題なし。
一般の線路に乗せても動かず。
室内パーツを取り去っても動かず。
もう1台は快調に動作。
線路電圧とモーター端子電圧を測っても差異がないことを確認。
モーター端子をモーターに差し込み直しても動作しないことを確認...

ということで、モーターダメなんじゃん?疑惑発覚(T_T)
現在、サポート様に問い合わせ中です。

ということで、もう一つ二つ、予備の動力を備蓄しておこうかな...
買ったら、すぐに動確しとこ。

アクラスの205系を組む~その23 [205]

2012年ゴールデンウィーク前半終了です。
明日から、2日間は、会社行ってきます。

さて、この3日間、久々に模型製作に打ち込み取り組みました:-)
ま、重い腰を上げて、車高調整です。
aclass-205-79.jpg
確かに、低いです。

aclass-205-80.jpg
まずは、床下機器を外して、塗装工程へ。

aclass-205-81.jpg
室内も塗装してみました。
朱色1号、レッドブラウン(Mr.COLOR #41)、ウッドブラウン(Mr.COLOR #43)で攻めてみました。
#なにおじゃ?

aclass-205-83.jpg
モーターバンドも外して塗装してみました...
結構作業中に剥げるし、元に戻すの大変だったし、やらなきゃ良かった系。

ここからは、先人の知恵に頼ります(^^;
http://blog.goo.ne.jp/satokawa_157/e/6b4f92cb0f0a38b1dfd1c308a2e64c98
# Satokawaさん、参考になります!

ってことで
aclass-205-82.jpg
当るかどうかは別にして、フライホイールカバー部分の出っ張りを落とします。

aclass-205-84.jpg
1.2mm厚のプラ板、付けてみました。
#結果は後ほど

aclass-205-85.jpg
台車、塗装しました... あれ?

そうです、この状態にしてしまうと、ボルスターと台車枠を固定するピンを入れられません。
ま、ギア周り、塗装したくなかったというのと、ぎっちぎちに固めなくても、結構納まりいいので、何とかなるのと、塗装を楽したかったからに他なりません(^^;

aclass-205-86.jpg
そんな訳で、13mm化ではないですが、削り落とします。

aclass-205-87.jpg
パッチって音がするまではめ込んで、車輪をはめれば、ハイできあがり:-)

ギアにセラミックグリスをたっぷり塗り込んで組んでみました...
この状態で、車高を比べます。
aclass-205-88.jpg
ありゃ、一緒の高さになった...
とは言え、T車側は集電パーツ付けてないし。

aclass-205-89.jpg
とりあえず、M車側だけ室内を設置...
ありゃ、車高変わらない...
ま、T車側の室内を塗装したら、もう一度調整ですかね。

さて、この後、重大な事実発覚!
う~めんどっちぃ...

アクラスの205系を組む~その22 [205]

今日の首都圏、14:00ぐらいから雨風が強くなってきました。
私の所属する会社も、昨年の台風の時の教訓が活かされたのか、早々と撤収指示。
ということで、私の課に所属するメンバーにも、とっとこ帰ろう指示を出して、会社を出たのが15:00前。
朝は、穏やかな晴天だったのにねぇ~

ということで
aclass-205-78.jpg
昨晩、今朝と黒を吹いて、M車以外の残りの6両分の床下の塗装完了です。

わざわざ2回に別けて、吹く必要も無いのですが、洗浄したとは言え、プライマー吹かずにMr.カラーの33番、つや消し黒を吹いても、結構剥がれ落ちるのです。
ということで、多少ほこりっぽさを出すために、軽くトピカを上吹きしてます。これの固着力は凄いので、車軸とかは、プラのテカテカを消すのに使ってます。

ちなみに、本日は、とっとこ帰宅した割には、工作無しです:-)

アクラスの205系を組む~その21 [205]

さて、暖かくなってきたので、再始動です。
ってゆーか、クーラーの塗装してるついでという感じもしますが...
aclass-205-77.jpg
まずは、床板。
とりあえず、M車ではないMM'ユニット。
aclass-205-75.jpg
お次は...
aclass-205-76.jpg
集電版。
もち、車軸も準備済み。
あとは、残りの床板(洗浄済み)と台車をどーにかすると、残りは車体側のみになります:-)

あ、M車の車高調整しなきゃ...

アクラスの205系を組む~その20 [205]

aclass-205-74.jpg
ふぅ、ようやく組み終わりです。

で、この後は、手すりとM車の車高調整と、電装系ですかね...
先頭車のライトボックス、どーすっかな。

ちなみに乗務員ドア横の手すりのモールドを削り落とした後の慣らしは、Pカッターより、写真に写ってるスケールのエッジで削る方が楽チンです:-)

アクラスの205系を組む~その19 [205]

最後の1台、クハ204に取りかかりました。
aclass-205-72.jpg
今回は、先に乗務員ドア手すりを削り落としました。
穴は開けていませんが、ドア下端から1.4mm、そこから15mmの位置に開けると、元のモールドと同じ位置になります。

aclass-205-73.jpg
ココまでで日付変更線をまたいでしまったので、とりあえず、おしまい。
続きは、また明日というか、本日。

アクラスの205系を組む~その18 [205]

8月以来4ヶ月ぶりに続きの工作です。
とはいうものの
nyanko-94.jpg
猫様に椅子を占拠され、半ケツ作業が多いのですが、今日はシャットアウトしました。

で、まずはクハ205から。
どっちが先でもいいんですが、とりあえず手に取ったので。
まずは、とくと説明書を読み直し... あ゛~パーツが無い!
ヘッドライトレンズが、無い!!

よくよく考えてみれば、目の前の箱が邪魔だとか言って、ばらしたときに、パーツだと思ってなかったやつです。
余ったランナーやダミー車輪は捨てちゃいないので、再確保です(^^;
aclass-205-63.jpg
ふぃ~助かったぁ~

ということで、工作再開。
まずは、エラーの訂正から。
aclass-205-64.jpg
こいつを、訂正表の通り3mmほど切り欠きを内側へ拡大して
aclass-205-65.jpg
こんな状態に。

お次は、いつものように穴開けて、削って、仮組です。
いつものと違うのは、お面側が何も付いていないことぐらいです。
aclass-205-66.jpg

と、ここまではいい気になって組んでいたのですが...
どーにも、乗務員ドア両脇のモールドの手すりが気に入りません!
#先に気が付けよ...

なわけで
aclass-205-67.jpg
削りました。

さて、お次が、このキットで最高にめんどくさい作業。
これも、説明書に書いてあるだけで、エラーでしょと思う内容。
まぁいっか。
aclass-205-68.jpg
とりあえず、片側だけ、厚みを合わせます。
大体1.1mmぐらい。

厚が分かれば、ひたすら削るのみ...
aclass-205-69.jpg
うーん、真ん中が厚い...
ということで、この後、きっちり修正掛けて

aclass-205-70.jpg
ここまで仮固着。

ここから先は、塗装しないとお面を取り付けられないのですが、合いを確認するのに、とりあえずはめ込んでみました:-)
aclass-205-71.jpg
ま、どうにかなる程度のずれですかね...

さて、残るはクハ204... の前に、手すりの穴開けせねば...
ちなみに、前面手すりは削りません!(きっぱり)
でも、板は貼り付けるかも(^^;(ちょっとモールド浅いんだよね)